相手の心をそっと見守る | NLPと心理学の関係

相手の心をそっと見守る

そっと見守る

コミュニケーションにおいて大切なことの一つは、
目の前の相手を「そっと見守る」ということです。

コミュニケーションのスタイルは人により違います。

・聴くのが好きな人
・語ることが多い方
・楽しく談笑する形
・悩みや問題にフォーカスするカウンセラーやセラピスト
・目標へフォーカスするコーチやコンサルタント

コミュニケーションの目的によっても、スタイルは変わります。
しかし、スタイルが違っていても、コミュニケーションが上手な
人に共通しているものがあります。

それは観察です。
NLP心理学では「キャリブレーション」と言います。

キャリブレーションは、
相手の言動、話し方や抑揚、姿勢などを見て・聞いて・感じます。
そこから、相手の中で何が起きているのかを見ていきます。

つまり、NLP心理学のキャリブレーションの基本は、
相手の中で何が起きているかに目を向けることです。
これが最も大切です。

NLP心理学は教えてくれます。
人の心と気持ちを学ぶ一番のポイントはフォーカスだと。
相手の中で起きていることにフォーカスする時、
いろいろなことが見えてきます。

・何に違和感を感じるのか。
・何が障害になているのか。
・大切にしている価値観は何か。
・どんなビリーフから始まった思考や言葉なのか。
・言葉の前提にあるものは何か。

など。

このように常に問を持ってフォーカスするだけで変わりますが、
その時に、NLP心理学で学ぶ、ビリーフ、前提などについて知っていると、より深く、相手の心と気持ちを察することができるようになります。

すると、目の前の相手のことをそと見守ることができるようになります。
この時、あなたのコミュニケーション能力は、1段も2段も高まっているはずです。