Nlpを学ぶとどうなるか? | NLPと心理学の関係

セルフイメージ

 
セルフイメージとは、私たちの人生に強く影響をあたえるものです。
今のあなた自身を作るのも、これからのあなたを作るのも、
思考や行動を生み出すのも、セルフイメージです。
 
 
もっと自分を変えたい、高い成果を出したい、
とにかく現状を変えたい。など、
 
 
人はなんとなくでも、自分ってこんな人間なんだ。
というイメージや評価を持ッていませんか?
それrをセルフイメージといいます。

そして、セルフイメージ通りの方向へ進んでいます。
セルフイメージが人生を作っています。

だからこそ、もし、今までとは違う成果を望むなら、
変化させるべきはセルフイメージです。
 
 
NLP心理学を学んだ方達が、
8日間、または10日間のセミナーに参加する中で、
変化を起こしていくのには理由があります。
 
 
その理由とは、セルフイメージが変わるからです。
 
 
セルフイメージの変化のさせ方には、
いくつもの方法があります。
 
 
今回は、その中から5つの方法をご紹介します、
具体な方法というよりも、セルフイメージに
つながる5つのポイントをお伝えしていきます。
 
 
NLP心理学のセミナーでは、
ニューロ・ロジカル・レベルというものがございます。
ニューロ・ロジカル・レベルがセルフイメージにつながっています。
 
 
<ニューロ・ロジカル・レベル>
 
1、環境
2、行動
3、能力
4、ビリーフ(信念、思い込みなど)
5、セルフイメージ
 
 
 
そして、これらの5つに影響を与える方法として、
NLP心理学では、
 
 
・はじめの一歩
・質問の技法
・コミュニケーションスキル
・様々な考え方や前提
・イメージを使ったワーク
・サブモダリティやフィジカルを動かすワーク

 
 
これらを始めとした様々なアプローチで、
あなたのセルフイメージを変化させる方法を
学ぶことができるのが、NLP心理学です。