会話の深掘りと自己開示が心を動かす | NLPと心理学の関係

会話の深掘りと自己開示が心を動かす

人は心の中を見せた相手に心を開きます。

たとえそれが、「えいやっ」とがんばって伝えた場合でも同じです。
心を開いたから、心の中の本音を伝えることがある反面。

何かのきっかけで、心の中の深い話を語ることで、
語った相手に対して、心を開くということもあります。

つまり、自己開示することで、
自己開示した相手にたいして、心を開きやすくなります。

それを証明するエピソードとして、すでにお感じになっている方も
少なくないと思いますが、傾聴を使ったコミュニケーションが
分かりやすいかもしれません。

NLP心理学で学ぶスキルであり、セラピー・カウンセリングなどでは、
基本のコミュニケーションスキルとして、使用されています。

NLP心理学を学んだ方のコミュニケーション能力が高まる
一つの理由は、傾聴にあります。

聞く技術なのですが、技術以上の効果があります。
人は基本的に自分のことを話したい生き物です。

ですから、相手の話しやすい雰囲気を作りながら、
話を聴き続けていることで、だんだんとあまり人には
言わないような話をしてくれるようになります。

この時、お互いの心の距離が縮まっています。
その時、信頼関係を育むこともできているはずです。

では、その為にどうしたらいいのかということですが、
NLP心理学のスキルを使って解説すると、

1、相手にとって話しやすい雰囲気を作る
 (NLP心理学のラポールスキルを使います)

2、傾聴を使ってコミュニケーションを取る

3、話を聞きながら、会話を深堀りする
 (突っ込んだ話をしていく)

さらにこの時に、NLP心理学のクライテリアを大切にしてみましょう。
つまり、相手の価値観を肯定し、満たしていくことで、
より深いコミュニケーションをとることができます。

このようにNLP心理学を使うことで、
人の心や気持ちの理解を深め、動かすことができるように
なっていきます。