段階的に信頼関係を深めていく方法 | NLPと心理学の関係

段階的に信頼関係を深めていく方法

コミュニケーションに自身のない人でも、段階的に深い信頼関係を築ける。

NLP心理学では、信頼関係を築くためのコミュニケーションスキルを学べます。
具体的には、ラポールスキルと言います。
ラポールスキルは、実践していけば、だんだん上達します。

この時に、単純接触の法則と段階的な方法を使いましょう。
NLP心理学で学ぶラポールスキルの効果をかなり高めます。

◯単純接触の法則。

 ・人は会えば会うほど好きになる。と心理学では言われています。
  長い時間を一回過ごすより、短い時間で数回の方が親近感が生まれます。
  (特殊なケースは除きます。)

コミュニケーションが苦手なら、接触回数を増やします。
目を合わせた挨拶程度を繰り返すだけで、もう少し話せる下地ができます。

NLP心理学のラポールを意識してコミュニケーションします。
接触回数も大切にします。信頼関係を意識したコミュニケーションを
何度も取るならば、確実に深い信頼関係を築くことができます。

◯段階的な方法。

接触回数を意識してコミュニケーションを取ったとします。
毎回、コミュニケーションの質を高める方法があります。

人の気持ちや感性は育ちます。
毎回、段階的にコミュニケーションの質を高めます。

例えば、始めは挨拶。次は挨拶+笑顔。
その次は、プラスで一言話す。その次は雑談を少し交える。
この繰り返しの中で、自己開示なども加えるなど。

このように、段階的にコミュニケーションを取ることができます。
自分自身もコミュニケーションを取りやすくなります。
相手も、会う度にコミュニケーションを取りやすいと感じます。

このように、NLP心理学のラポールと単純接触や段階的な方法を使います。それだけで、コミュニケーションで深い信頼関係を築くことができます。

コミュニケーションをデザインしましょう。