人は誰から学びたい・買いたい・信じようと思うか? | NLPと心理学の関係

人は誰から学びたい・買いたい・信じようと思うか?

「目の前の人に選ばれる存在になる」

こんな光景を見たことはありませんか。

・同じ商品を同じ値段で販売しているのに選ばれる店。
・同じ商品を他社よりも高い値段で販売しているのに選ばれる店。
・あまり心の開かない人から信頼されている人。
・同じ会社の同じサービスの説明なのに、指名が来る。
 (あなたから話が聞きたいの)

こういういことはあたり前に起きています。
そして、あなた自身も相手を選んだ経験があるかもしれません。
起きているのは、選ぶ側の気持ちです。
「あの人から」という気持ちが生まれています。

何が起きているかを知ることで、あなたの人生に取り入れて使えます。
人間関係を深く築くことができます。その為に、起きていることの理解が必要です。
何が起きているのかをNLP心理学を軸に考えていきます。

NLP心理学では、ラポールについて学びます。
ラポールとは信頼関係のことです。
人は信頼している相手の話を受け入れます。

同じ話を聞くにしても、知らない人の話をそのまま鵜呑みにしません。
しかし、親しい人間の話はそのまま受け入れがちです。
信頼関係を築くことで、この人なら大丈夫。という気持ちが生まれます。

冒頭のような光景の背景には、NLPのラポールがあります。
選ばれる人に共通しているのは、相手の頭の中に信頼する気持ちが生まています。
NLP心理学では、信頼関係を気づくためのスキルを学ぶことができます。

お客様から選んで頂ける。
人から信用される。
人から信頼される。
あなたから学びたいといわれる。
あなたと関わりたいと言われる。

こういう現象が生まれる背景には、信頼関係が存在しています。

NLP心理学のラポールを意図的に築きましょう。
それだけで、人の心が動きます。